0
¥0

現在カート内に商品はございません。

広島県露店商業協同組合広島県露店商業協同組合

全ての熊手には「こま札」「祈願証明書」がついています。
※写真は昨年のこま札です。

熊手-豆大

  • デスクの上に飾れるサイズ
約縦500×横350×厚み150mm
※手作り品のため多少誤差がございます。

販売価格の詳細は以下となっております。
・熊手料金 6,500円
・祈祷料  2,000円
¥8,500 税込
カテゴリ
カートに追加しました。
カートへ進む

商売繁昌の縁起物として、胡子大祭でおなじみの熊手。

幸をかき寄せるといういわれがあります。

こまざらえ(広島熊手)の歴史は、今から100年以上前から始まっています。

先端に七福神になぞらえた七宝を下げるのが、広島独自の広島熊手。

前へ少し傾けて飾るのが正しい飾り方となります。

扇形に広がった青竹の本体を「さらひ」と呼びます。

「さらひ」の隙間が広いのは、小さい福と小さいお金を拾わず、大きな福と大きなお金だけを拾えるようにとの祈りと願いが込められております。

そして大切なのは、このこまざらえだけでは福は呼べず、こま札という小さなお札を胡子神社で祈祷してもらってこまざらえにつけなくてはいけません。

大福帳大福帳
福を書き留める帳簿、裏面には叶 先客万来の祈りと願いが込められております。
小槌小槌
富をもたらす象徴、福を呼び込む祈りと願いが込められております。
小判小判
古来のお金、商売繁昌の祈りと願いが込められております。
注連縄注連縄
その年の収穫に感謝し、次の年も豊作をという祈りと願いが込められております。
三方三方
神様へのお供え物をのせる神器上部の三角は宝物を表し商売繁昌の祈りと願いが込められております。
枡
言葉の響きから増す、益々繁昌という祈りと願いが込められております。
鯛の尾鯛の尾
目出鯛の縁起担ぎ 昔、鯛の赤色は邪気を祓うと言われていたそうです。
えびす様・大黒様えびす様・大黒様
えびす様 古くは漁業の神様であり、現在は商いの神様であります。 大黒様 古くは破壊と豊穣の神様であり、現在は食物、財福の神様であります。
宝船宝船
かき集めた七宝、福とお金を積み込めるようにとの祈りと願いが込められております。
こま札こま札
胡子神社により祈祷された証として、こまざらえに付けられる小さいおふだ。
※写真は昨年のこま札です。

カテゴリ一覧

ページトップへ